スポンサーサイト

  • 2013.05.31 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    慈雨

    • 2001.05.02 Wednesday
    • 22:56
    GWに入ってから雨が多い。
    「雨だね」と、息子。
    「うん」と、私。
    「ここんとこ雨少なかったから、
     よかったね」
    「うん」
    「田植え前だし、
     農家の人も喜んでるよね」
    「…そうだな」
    「植物も喜んでるよね」
    「…たぶんな」
    「カエルも喜んでるよね」
    「…」
    「かたつむりも」
    「明日はきっと晴れるから、
     もうそのグローブしまいなさい」

    父を越えた息子2

    • 2001.05.03 Thursday
    • 22:55
    風呂から上がってきた妻に、
    小学3年生の次男が
    すがりつく気配。
    「お母さん、お母さん」
    「どうしたの」と妻。
    「お母さんが
     お風呂に入ってる間にね」
    「うん」
    「ボクとお父さんでオセロしたのね」
    「ふんふん?」
    「でね」
    「うんうん」
    「ボク勝っちゃった」
    「ほうほう!」

    ややあって。
    背後から妻のやさしい声が。

    「お父さん…?」
    「・・・・・」
    (モウゼッタイおせろナンカスルモンカ。グスン…)

    おとうさんに訊く

    • 2001.05.04 Friday
    • 22:53
    仕事中の私のところへ
    長男がやってきた。
    「ねえお父さん」
    「ん」
    「ちょっかいと猪八戒って
     関係あるの?」
    「さあな」
    「ふーん」去っていく長男。

    しまった。
    ちゃんと受け答えすべきだったか。
    つっけんどんなのは
    教育上よろしくないかも。

    しばらくして妻がやってきた。
    「ねえ」
    「悪かった今度からちゃんと
     真面目に答えてやる」
    「それはいいんだけど」
    「何だ」
    「ちょっかいと猪八戒って
     関係あると思う?」
    「知らんがな」

    天気予報

    • 2001.05.05 Saturday
    • 22:51
    天気予報のキャスターは
    概況説明のとき必ず
    「ひまわりの画像をご覧ください」
    と言う。
    それを見ていた長男が、
    「ひまわりで全国の天気を
     予想してるんだね」
    と言った。

    「…」
    「やっぱりアレかな」
    「…」
    「ずっと太陽に顔を向けてるから
     天気がわかるのかな、
     ひまわりの花って」

    この感性を伸ばしてやりたい気もするが、
    ここはやはり心を鬼にして
    正しい知識を教えてやらねば。

    「そうじゃなくて、
     ひまわりってのは
     気象衛星の名前なんだ」
    「きしょうえいせい?」
    「そうだなー。
     わかりやすく説明するとだなー。
     んー」
    「…」
    「静止軌道ってわかるか?」

    「おーいそっち行くと泥沼だぞー」
    すかさず警告してくれたのは
    妻であった。

    ダスティン・ホフマン

    • 2001.05.06 Sunday
    • 01:10
    「今日
     ダスティン・ホフマンに似てる
     なんて言われちゃってさ」
    と、にんまりしながら妻に報告した。

    「ダスティン・ホフマン?
     あー映画で見たことある」
    『卒業』?」
    「いえそうじゃなくて。えーと、ほら」
    「じゃ『レインマン』かな?」
    「ちがうわ。あ、そうそう!」
    「なに…?」
    『トッツィー』
    「・・・・・」

    経験者は語る

    • 2001.05.07 Monday
    • 01:09
    「結婚する前はしっかり両目を開けていろ。
     だが結婚してからは片目をつむっていろ」
    という格言がある。

    しかし私の経験では
    片目をつむるより
    照明を消してしまった方が楽だ。

    おこづかい

    • 2001.05.08 Tuesday
    • 01:06
    お正月とかGWに帰省すると、
    年寄りが孫に小遣いをくれる。

    そのまま持たせておくと
    無くしてしまうので
    親が預かる。

    幼いうちはすぐに忘れてくれたのだが。

        お父さん、お母さん」
    「なあに?」
    「あのね」
    「なんだ言いにくそうに」
        こないだ
     おばあちゃんがくれたおこづ…」
    「そろそろ寝る時間じゃないのか!」
    「明日の用意はできたの!」

    ある禁煙の顛末

    • 2001.05.10 Thursday
    • 01:04
    ずいぶん前、
    まだ喫煙していた頃の話である。

    ある夜ある飲み屋で、
    ある女の子と意気投合し、
    二人で励ましあいながら
    禁煙する約束をした。

    翌朝、私が煙草を吸わないので、妻が
    「どうしたの」
    と尋ねた。

    「禁煙することにした」

    「そう! がんばってね」

    妻がとても喜んでくれたので、
    つい調子にのって
    禁煙のわけをしゃべった。

    「ふーん」
    妻はほほえみながら聞いていたが、
    約1時間後
    なにげなく仕事場の机の上を見ると、
    1カートンのキャスターマイルドと
    新しいライターと新しい灰皿が
    でんと置かれていた。

    抵抗勢力

    • 2001.05.11 Friday
    • 01:01
    国会代表質問の
    ニュースを見ていた息子が
    急に質問した。
    「お父さん、
     『抵抗勢力』ってどういう意味?」

    「それはだな。
     小泉新首相がやろうとしている
     構造改革に対して
     反発する連中が多いのは野党ではなくて
     むしろ与党内部や高級官僚ではないか
     ということを皮肉って言ったんだよ、
     鳩山さんが」
    「…」

    「しかし民主党としては
     小泉さんと手を組む気は
     ないみたいだな。
     小泉さんの政治基盤は前政権と同じだし」
    「…」

    「俺が思うに…」
    「ようするに『反対する人たち』のことだね」

    「そうとも言うな。うん」

    勝て勝てカープ

    • 2001.05.12 Saturday
    • 00:59
    全国的にみてファンが多いのは
    やはり巨人だ。

    視聴率が命のマスコミは、
    だから巨人戦を多く放送する。

    巨人の選手は
    メディアに顔を出す頻度が多くなり
    さらに巨人のファンが増える。

    巨人の観客動員数は増え続け、
    他チームとの経済格差がますます広がって
    人気のある選手がますます巨人に集まる。

    これによってさらにまた
    巨人のファンが増える。

    その恐るべきスパイラルは
    わが家をも巻き込もうとしている。

    「お父さん、
     巨人の松井ってすごいよね〜」
    と息子が言う。

    「カープにも前田っていう
     すごいバッターがいるんだぞ」
    「知らな〜い」(早ク戻ッテキテ…>前田)

    「町田とか新井とか」
    「顔よく思い出せない」
    「金本もキムタクも東出も」
    「なんかジミだよねー。
     清原や江藤の方がかっこいい」

    「それなら聞く。
     応援するチームはどこだ!?」
    「カープ」
    「う、うっ…!」(感涙)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM