スポンサーサイト

  • 2013.05.31 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    てのりくじらに会いたい

    • 2006.01.22 Sunday
    • 01:28
    枡野浩一の
    『ハッピーロンリーウォーリーソング』を
    読み始めたら止まらなくなった。



    amazonのレビューに
    「表紙がすり切れるのも構わず
     ずっと持ち歩いて、
     いつもページをめくっていた」
    という人がいたが、さもありなん。

    思わずニヤリとしてしまうおかしみと、
    胸がしめつけられるほどのせつなさと。

    何度も読み返して
    それぞれの歌の味わいを楽しみたくなる。


    ここで内容を紹介したいのは山々だが、
    そうするときっと、歌の印象が
    だいぶ違ってしまうと思われるので止す。

    ぜひ実際に手にとって鑑賞してほしい。


    そういえば気づいたのだが、
    「「たとえば」とたとえた・・・」の歌の
    左側のページにある写真と
    「バラ色の未来のために・・・」の短歌の
    左の写真に写っているのは、
    同じ女性だ。

    そうか。
    この写真は、ずっと連続してたんだ。


    今日は一日部屋にいた
    電話では「寒いね」などと会話しながら

    by 六郎

    スポンサーサイト

    • 2013.05.31 Friday
    • 01:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM