スポンサーサイト

  • 2013.05.31 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『風雲児たち』

    • 2006.07.18 Tuesday
    • 23:59
    「風雲児」と打ったつもりが
    いつも「不運時」になっちまうのは
    何故かという問題はさておき、

    みなもと太郎の
    『風雲児たち』(全20巻)
    第1巻から
    少しずつ買いそろえている。

    楽天のポイントが溜まったら
    注文するようにしているので
    その歩みは遅々として進まない。

    昨年の8月に第1巻を購入し、
    こないだやっと
    第6巻が届いたところだ。

    だが、中2の次男が
    「教科書より解りやすい」
    と、楽しみに読んでくれるのは嬉しい。

    全巻通すと、
    関ヶ原の戦いから幕末維新にかけ
    日本史に登場した風雲児たちの
    生き様や業績が理解できるだけでなく、

    それぞれのエピソードが
    深く関連しながら、
    歴史は流れていくのだなと
    実感できるはずだ。


    第6巻まで読んで圧巻だったのは
    やはり、第3巻から4巻にかけての
    『宝暦治水伝』である。

    幕府の無理難題と荒れ狂う木曽川に
    敢然と立ち向かった薩摩武士たちの
    誇りと心意気に、
    何度読んでも私は泣いてしまう。

    男の子には、いや女の子にも
    ぜひ読ませたい物語だ。

     風雲児たち (3)

    スポンサーサイト

    • 2013.05.31 Friday
    • 23:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM